注文住宅を学ぼう

注文住宅で快適に

注文住宅でよくある施工ミス

注文住宅でよくある施工ミス 自分の理想に近い住まいを実現できるということで、注文住宅にはとても魅力があります。既成の物件に比べて費用は高くなりますが、住み心地を良くするための対価と思えば納得できます。ただし、高い費用を払って出来上がった結果、施工ミスがあると台無しです。よくある施工ミスとしては、引き戸と開き戸の取り付け間違いや洗濯機や洗面台の位置が指定した場所よりズレていることなどです。注文する側としては狭いスペースだから通りやすいように引き戸を指定したのに開き戸にされては不便です。洗濯機の位置なども家事をする主婦の身にしてみれば毎日のことなので使いにくいでしょう。他にも、壁紙が指定したものと違っていたり、電灯のスイッチの位置が不便な所にあったりといったミスもあります。こうしたミスは大概の場合、注文住宅を請け負う会社と注文者とのコミュニケーション不足が原因です。未然に防ぐには打ち合わせの際に図面だけでなく立体的なイメージ図で確認したり、工事中に何度か様子を見に行くことが大切です。

注文住宅のもっともこだわったほうがいい条件。

注文住宅のもっともこだわったほうがいい条件。 注文住宅を考えている人は多いかと思いますが、これはちゃんと考えたほうがいいんじゃないですかと言う条件を紹介して行きたいです。まず初めにコンセントの位置です。注文住宅はコンセントの位置まで決めることが出来ます。建築が終了すれば、住み始めるわけですが住み始めると必ず汚れてきます。みんなしていますが掃除です。掃除機を使用する時は必ずコンセントが必要になってきます。後からここにあったほうがいいとお感じる時は延長コードで賄うしかありません。延長コードで賄うと見た目がとても悪いく人生で一度くらいしかない大きな買い物が台無しになってしまいますので、こんなことにならない為にも念入りに設計を重ねて行きましょう。 あと考えて行きたいのが家の配置です。決められた土地に建てるのですから、駐車場のスペースなどをちゃんと考えて行かないといけません。これに関しては後からどうにもならなくなってしまいます。一番考えなくてはいけないことかもしれません。