購入に使えるすまい給付金

注文住宅で快適に

購入に使えるすまい給付金

購入に使えるすまい給付金 注文住宅を購入する際には、すまい給付金という制度を活用することができます。
これは消費税の引き上げにより住宅の取得者の負担が大きくなるので、それを緩和する目的で創設されました。
注文住宅もその対象となっていますが、住宅の質に関して一定の要件を満たしている必要があります。
給付金を受け取るためには、給付申請書を作成して確認書類を添付して申請を行います。
住宅ローン減税の場合には、支払っている所得税が控除される仕組みになっています。
そのため支払っている所得税が多いほど負担軽減効果が高いですし、所得税の支払いが少ない人ほど効果は薄くなります。
つまり収入が低い人程恩恵は受けにくいのです。
すまい給付金の制度は、そういった住宅ローン減税の恩恵を受けにくい層の負担を軽減する制度になっています。
それから収入によって給付額は変わり、消費税率が10%の時には収入が775万円以下の人を対象に50万円が最大で給付されます。

世界で自分だけのオンリーワンな夢の注文住宅

世界で自分だけのオンリーワンな夢の注文住宅 注文住宅は建売住宅と違い設計の段階から家主がかかわれるので、外観のデザインや間取りはもちろん建材や壁紙の材質まで自分で自由に決めることが可能です。
子供の頃こんな家に住みたいと夢見ていた理想をそのまま実現させられるので、世界でオンリーワンな住宅ができあがります。
子供のいる家庭ならリビングを広くして床暖房にしたり、高齢者のいる家庭なら段差のバリアフリーな設計にしたり、アレルギーの家族がいるなら人体に優しい素材の壁紙にしたり、と自由にオーダーメイドできるのが注文住宅の長所です。
自由に口出しできる分、注文住宅は高額になると思われがちですがそこも予算に合わせて設計でき、不要な部分は設計の段階で工務店やデザイナーが教えてくれるので心配はありません。
建材の知識もないのに自由に決めろと言われても困る、という人には最初からある程度外観デザインや建材を選べるシステムにしたハーフオーダーメイドの注文住宅もあります。